健康のために肥満の対策をする必要性が注目されていますが、肥満対策に有効な方法として、睡眠時間の確保があります。



健康な睡眠が肥満を防ぐ

7〜9時間は眠るという人と、一日4時間しか寝ない人は、睡眠時間が短い方が73%の確率で肥満になりやすいといいます。5時間程度でも50%、6時間でも23%それぞれ太りやすいという結果が出ています。睡眠不足が肥満の原因になるということです。どんな理由で、眠らないと太りやすくなるのでしょう。起きている時間が長ければ、それだけお腹が空いてものを食べたくなり、たくさん食べてしまう頻度が多くなります。人間の脳には視床下部という部位があり、そこに満腹を感じる満腹中枢があります。食欲抑制ホルモンであるレプチンは、ここに働きかける成分となります。また、胃ではグレリンという物質がつくられ、食欲を高める作用があるといいます。長い時間起きているとお腹が空くのは、体内のグレリンが多くなり、レプチンの働きが弱くなることが関わっています。5時間眠る人は8時間眠る人に比べて血中のグレリンが14.9%も多く、レプチンが15.5%も少ないことが分かったそうです。寝る時間が短いと、塩分の多いスナックや、極端に甘いお菓子などを食べたいと感じる頻度がよく多くなるということも指摘されています。深夜にもかかわらず、ラーメンやアイスについ手が出てしまうのも、理解できる話です。健康のために肥満予防をきちんと行うためには、睡眠をしっかり確保できるような生活習慣をまず構築することです。







HIPS(ヒップス) スリッポンスニーカー

pink adobe(ピンクアドベ) ストラップ付きカモフラ長財布

Grand PARK(グランドパーク) ソウハリキナガシカーデ

La TOTALITE(ラ トータリテ) 14 ベッチュウトーンネックレス◆